信じても苦しい人へ―神から始まる「新しい自分」第2回 なぜ? どうしたら?

中村穣 (なかむら・じょう)
2009年、米国のウエスレー神学大学院卒業。帰国後、上野の森キリスト教会で宣教主事として奉仕。
2014年、埼玉県飯能市に移住。飯能の山キリスト教会を立ち上げる。2016年に教会カフェを始める。
現在、聖望学園で聖書を教えつつ、上野公園でホームレス伝道を続けている。

同時に二つのことを考えるのは大変です。
「なぜ神様は答えをくれないのか。どうしたらいいのか」という悩みをよく聞きます。しかしこの悩みには、二つの異質の、また共存できない質問が並んでいます。「なぜ(why)」という質問は本質を問います。「どうしたら(how)」という質問は方法を問う質問です。
たとえば、「なぜ教会に友だちを連れて行くのか」と五回質問すると、“福音を伝えたいから→なぜ?→喜びが必要だから→なぜ?→イエス様の愛を教えたい→なぜ?→イエス様はあなたを見捨てないから→なぜ?→イエス様は神様だから”と本質に向かいます。
では、「どうしたら教会に友だちを連れて来られるか」と五回質問するとどうなるでしょう。“上手に教会を紹介する→どうしたら?→チラシを効果的に使う→どうしたら?→たくさん配る→どうしたら?→たくさんの友だちに渡す→どうしたら?→やさしく渡す”と、方法論に向かいます。

このように「なぜ」と「どうしたら」は共存できないので、同時に考えると“本質”が“方法論”に埋もれてしまい、意義が見いだせずに、戸惑い、苦しくなるのです。現代社会に生きる私たちは、どうもすぐに答えが欲しいと最短距離を行きたがる傾向があります。信仰においても、「どうしたら」を考えすぎているように感じています。

「変わりたい、もっと成長したい」と思うとき、私たちはすぐに「どうしたら」いいのかを考え始めてしまいます。そうすると「私」に焦点が集まり、「神」が見えにくくなります。私たちの信仰の出発点を「神」にするためには、神が私に何をしなさいと言っているかを聞く必要があります。そのためには、「どうしたら」という思いを脇に置き、主の十字架の前に謙遜に進み出なければなりません。私たちが信頼して、神を見上げるとき、神は私たちを見捨てず、ご自分の道を歩むことを教えてくださいます。
神を見失いそうになったとき、私たちが“つらい”と感じるのは、自分のしてきたことや、自分の思いだけを握ってしまっていて、神ではなく、自分のことしか見ていない状態だからです。
今日はちょっとした新しい道を紹介します。それは、「自分のできることをするのではなく、できないことをする」という道です。自分のできることを探しているときは、神のほうを見ているようで、実は自分を見ています。だから神のほうを向くためにあえて、“できないこと”、または、“やりたくないこと”をするのです。
人はやりたくないことに直面すると、なぜやらなければいけないのかを考えます。なぜやらなければいけないのか理解できないので、やりたくないのです。「なぜ」と問い続ければ、本質に向かうチャンスがあり、自分の思いから脱却できる可能性があります。
教会の一人の青年の話をします。私が日曜日のメッセージで「(自分にとって)嫌なことを一日一回しよう」と言いました。数週間後、素直な青年は、それを実行していると教えてくれました。
彼の家では、兄弟で家の手伝いを分担しているそうです。あるとき、兄が疲れた顔をしていたので、自分は本を読みたかったけれど、代わりに兄の分の家の手伝いをしたと教えてくれました。「それは、すごいね」と伝えました。しばらくすると、「面白いことがあったんです」と教えてくれました。「嫌なことをしていると、自分がしたいと思っていた思いが薄れていった」というのです。
私は心の中で祈りつつ、大切なことを伝えました。

「実は、嫌なことをしようと言ったけれど、それ自体に意味はないんだ。本当に伝えたかったのは、今あなたが経験しているように、自分の思いを握っているその手が解かれ、心に隙間ができ、そこに神を見いだす体験をしてほしかったんだ。自分の思いを脇に置いたからこそ、神が私に『しなさい』と言っていることが何か、神の思いに向き合うことができるんだよ」と伝えました。

その隙間は、たとえ自分にできることがなくても、神が私に力を与えてくださる場所です。神の思いから「私」を始めるときに、神は「私」を超えた力を与え、「私」の理解を超える思いを与えてくださいます。自分にできないことを始めるとき、一瞬不安になります。でも、神から「私」が始まるとき、私たちは神のご計画と御力を信じて歩むことができます。
神は能力のゆえにあなたを必要としているのではなく、今のありのままのあなたを選んで、その存在を必要としてくださっている、という愛を受け取ることができるのです。