信じても苦しい人へ 神から始まる新しい「自分」第3回 信じたら変えられる?

中村穣 (なかむら・じょう)
2009年、米国のウエスレー神学大学院卒業。帰国後、上野の森キリスト教会で宣教主事として奉仕。
2014年、埼玉県飯能市に移住。飯能の山キリスト教会を立ち上げる。2016年に教会カフェを始める。
現在、聖望学園で聖書を教えつつ、上野公園でホームレス伝道を続けている。

信仰者はよく「自分が変えられること」を目標にします。昔はこうだったけど、イエス様を信じたら変わったという証しもよく聞きます。
確かに私たちはイエス様と出会って変えられます。しかし、今日考えてもらいたいのは、“変わるためにイエス様を信じたわけではない”ということです。少し良い人になったり、人生を少し前向きに見られるようになったりすることが信仰者の目的ではないはずです。どれだけ私が変えられたかではなく、どうしようもなく罪深い私を赦すためにイエス様が十字架にかかってくださった、その愛を知ることのほうが大切です。
変えられることを目的とすると、信仰の成長のベクトルは上に向くべきだと考えます。「もっとあの人のようにうまくイエス様の愛を伝えられたらいいな」とか、「あの人のようにいつもイエス様の愛を表して、喜びをもって前に進めたらいいな」という思いになります。
しかし、キリストの十字架は、自分の罪に苦しんでいた葛藤が終わるためにあるのではなく、葛藤する私をも愛し、受け入れてくださる神の御業です。イエス様は、誰にも見せられないような、私の心の奥深くの葛藤にまで降りて来てくださいます。その愛による信仰の成長は、私が上を向くというよりは、へりくだり自分の心の奥深くでイエス様の十字架の愛を受け取るという、下っていく信仰です。
現代は、この“下る信仰”が見えなくなっているように感じています。
イエス様のように生きようと訓練する、ある道場について調べたことがあります。そこでは、イエス様はどう生きたかを聖書から学び、それをお手本とし、イエス様のように生きていくという目的をもって訓練します。
最初に聞いた時は、とても素晴らしいなぁと感じました。しかし実際に彼らの姿を見ると、少し苦しそうに見えました。確かに、イエス様のように生きることで自分が向上し、自分の生きる目的がはっきりとしてくるのかもしれません。しかし、“どれだけ変わったか”という達成感により、自分で自分を励ましているように見えました。「変えられること」を目的としてしまい、それが心を支配し、かえって「変えてくださる神様」を見えなくさせてしまうのです。
変えられることは目的ではなく、神から受け取る恵みなのです。ですから、神に自分を委ねることが大切です。「こう変わらねば」と握りしめている自分を手放し、神の御心に委ねることが大切です。本当の信仰の成長は、イエス様の愛により、自分が小さくされていくことです。私が完成されるのではなく、私が壊され、私の中にイエス様が大きく愛を広げてくださることなのです。

最後に私の失敗談をお話します。教会で働き始めたころ、私はへりくだって十字架の愛を受けるのではなく、いつも自分の力で神のために何かしようとして、ずっと苦しい思いをしていました。もっと頑張って多くの人を教会に呼び、もっと効果のある伝道をしなくてはと思っていました。少しは成長して、自分ができるところは責任を取れるようになったので、足らないところを神に助けてもらいたいと願っていました。しかし、自分の力ではどうすることもできずに、すべて失敗に終わりました。神が私のすべてを取り去られたのです。けれども、それは神の愛だったことに気づきました。すべてを取り去られた後、空っぽの私の心に、少しずつ神の愛が染み渡りました。「自分の力でやるとつらいでしょう。だから私をもっと信頼しなさい」と神が語りかけてくださいました。
その愛を知ったとき、初めてありのままの姿で主の前に行くことができたのです。そこで、以前の行動はすべて自分のためにしていたなと感じ、悔い改めました。神ではなく、自分を信頼していたことに気づいたのです。そして私は、「自分自身ではなく、あなたを信頼したいのです」と祈りました。その瞬間に初めて、神が私を愛と赦しで包み込んでおられているのを感じ、全き愛を受けて、感動して涙を流しました。私が十字架の許に下り、主に委ねた瞬間でした。
失敗しかしていない私を、神が変わらず呼んでくださっていることを知りました。自分が何も持っていないと気づいたときに、神が新たに私を始めてくださり、そこからイエス様が私の内に生きてくださる人生を歩み始めました。何かできるからではなく、私の「できる」をはるかに超えて、イエス様が私を通して全き愛を放つ人生が始まったのです。私は主の管になりました。それが、本当に嬉しい“変化”だったのです。