書籍

おすすめ商品

いのちのことば社の働き

SACMスウェーデン同盟キリスト教団
メールマガジン
ミニストリーパートナー
アクセス
採用情報

専門書店様向け

書籍のご案内

 [予約] 「べてるの家」から吹く風 増補改定
[予約] 「べてるの家」から吹く風 増補改定

向谷地生良

今日も、明日も、明後日も、順調に問題だらけ
北海道浦河町にある「べてるの家」の黎明期の人々の物語。「べてるの家」は1984年に発足した。精神障害をかかえる当事者による地域貢献、社会進出を旗印に「商売」として日高昆布の産地直送、紙おむつの宅配に挑戦。93年には、「べてるの家」のメンバーのほか、全国の出資者を得て有限会社福祉ショップべてるのを設立。2002年には、全国ではじめて当事者が理事長・施設長に就任、社会福祉法人を設立。さらに小規模授産施設、グループホームを運営し、地域と一体となった事業を展開している。笑いあり涙ありのエピソード集。増補改訂にあたり、バングラデシュの精神障害の方々のお宅への「突撃訪問記」も収録した。


発売日:2018/05/09
発行: いのちのことば社
ISBN:978-4-264-03901-3
商品番号:9980

定価:1512 円(税込)



    
   
 精神障害と教会 教会が教会であるために
精神障害と教会 教会が教会であるために

向谷地生良


精神障害を抱え、生きる苦労と困難をもつ人々と共に生きる、型破りなソーシャルワーカーである著者。「教会が教会であるということはどういうことなのか?」「教会を誰も疎外されない場所にするには・・・」などについて豊富な経験から語る。


発売日:2015/07/01
発行: フォレストブックス
ISBN:978-4-264-03313-4
商品番号:9910

定価:1620 円(税込)



    
   
 「べてるの家」から吹く風
「べてるの家」から吹く風

向谷地生良

「いのちのことば」で好評連載していました「弱く、遠く、小さき群れより」がパワーアップして単行本になりました!
現代社会の上昇気流に乗れなかった人たちが「安心して絶望できる」場所、それが北海道日高地方にある社会福祉法人「浦河べてるの家」だ。そこには精神障害を体験した当事者とその家族、医師、ソーシャルワーカー、地域の人々によって繰り広げられる様々なドラマがある。「べてるの家」の理事で、創設当初から関わってきた型破りなソーシャルワーカーが語るエピソード集。


発売日:2006/03/22
発行: いのちのことば社
ISBN:978-4-264-02436-1
商品番号:9640

定価:1404 円(税込)



    
   
system:CGIROOM