シーズン2

スタジオでのアフレコ作業の一コマ・・・

11話の「泣いたペテロ〜イエス様、あなたを愛します~」の導入シーンでは、クリスが、学校のカッケー(カッコイイ)連中の仲間に入りたくて、女の子の友だちがいることを隠そうと、ジョイのことなんか知らないと冷たくしてしまう。するとジョイは、一人泣いてしまうのだが、スタッフも声優さんたちも、クリスの冷たい態度に怒り心頭。「あまりにも酷いと」クリス役の瀬上達也くんは、皆に攻められてタジタジだった。

 

 

予告編

第1話「嘆きのヨナ 〜魚に食べられた男~」

 
 
自分が気に入らないことでも神に従うべきですか?
 
ジョイはシャロンが自転車泥棒をするのを目撃するが、驚いたことに、校長は犯人を罰しようとはしない。反発するジョイ。するとジョイとクリスとロビックはスーパーブックに導かれ、神の命令に従わず嵐の中の舟にいる預言者ヨナの所へ。遂に4人は、大海に投げ込まれ、巨大な魚に呑み込まれてしまった。ヨナは観念してニネベに行き、堕落した人々に40日後神の裁きが下ると説くのだが・・・。
スーパーブックに連れ戻されたクリスたち。ジョイはシャロンにどうするでしょうか。

 
 

 

第2話「売られたヨセフ〜エジプト王の夢を解け!~」
 

 
人の目にはわからなくても神にはちゃんとご計画があるの?
 
クリスは大事なサッカー観戦を前に、完璧なプランを立てた。ところが、クアンタム教授が故障した車を助けたために、そのプランが台無しになる。不満いっぱいの3人はスーパーブックによってヨセフの時代へ。ヨセフは兄たちに奴隷として売られ、エジプトで悲劇的な人生を送っていたが、エジプトのファラオの夢を解き明かして監督に出世した。大豊作ののちに大飢饉に見舞われるが、ヨセフの指導のおかげで、エジプトは安泰だった。そこにヨセフの兄たちがカナンからエジプトへ食料を求めてやってくるのだが・・・。
クリスは自分のプランよりも、神のプランを優先できるでしょうか?
 
 

第3話「炎の中の3人〜4人目は誰?~」

 
 
どんな時でも神に従い正しい選択が出来ますか?
 
テストがあるのを忘れて勉強しなかったクリスは、トッドが手に入れたというテスト解答のデータを携帯にダウンロードするが、ジョイに見つかり大騒ぎに。するとスーパーブックが現れ、神に従った3人の男たちの元へ連れて行かれた。紀元前500年のバビロン。王のネブカデネザルは金の像を建て、民衆に拝むことを強要しようとしていた。王の役人のメシャク、シャデラク、アベデ・ネゴは、決断を迫られていた。像を拝めば、信ずる神に背くことになる。だが拝まないと燃える炉の中に投げ込まれて命を失ってしまうからだ。拝むことを拒否した3人は、王の命令で燃える炉に投げ込まれることになるのだが・・・。
反省したクリスは、トッドの解答をどうするでしょうか?

 
 

第4話「崩れたエリコの城壁〜ラハブの決心~」

 
 
嫌な人と思った相手でも、仲間になれますか?
 
同じような工作を作るベッキーと一緒に作業をするよう勧められるジョイ。しかしベッキーに突っぱねられ腹を立ててしまう。するとジョイとクリスとロビックはスーパーブックに導かれ、ヨシュアに出会う。3人のスパイを送り込み、エリコの様子を探ろうとしているヨシュア。彼らはエリコに潜入し、イスラエルの神と軍隊を恐れるラハブの家へ行く。そこへエリコの兵士がやって来た。ラハブは、機転を利かせてスパイたちをかくまい、逃がす。そして遂にヨシュアは、契約の箱を担ぎ、エリコの町の周りをまわることを命令した。すると・・・。
さてジョイはベッキーといっしょに課題の制作に取り組めるでしょうか?
 

 

 
第5話「王妃エステル〜この時のために…~」
 

 
あなたは、良いことをする勇気がありますか?
 
ジョイは車椅子の生徒ボニーを、女子リーダーシップクラブのメンバーに推薦するが、部長のジャニスに反対されてしまう。ジョイには部長の反対を押し切る勇気がなかった。
そんなジョイたちをスーパーブックが連れ出したのは、紀元前5世紀のペルシャ帝国。帝国の王が決めた法律は厳しく、逆らうと誰でも処刑される。帝国の重臣ハマンはユダヤ人の家臣モルデカイとそりが合わないため、国内の全ユダヤ人を死刑にする法律を王に作らせてしまう。モルデカイのいとこであり王妃であるエステルは、ユダヤ人を救いたいが王に進言する勇気がない。ユダヤ人の運命はいかに?
ジョイは、クラブのミーティングで勇気を出すことができるだろうか?
 

 
 

 
第6話「バプテスマのヨハネ〜荒野で叫ぶ声となれ!~」

 
 
正しい生き方をあなたはしていますか?
 
クリスはサムからゲームの違法コピーをもらうが、ジョイに見つかり、説教される。するとスーパーブックが、クリス、ジョイ、ロビックを紀元1世紀のヨルダン川辺りに連れて行く。出会ったのは、バプテスマのヨハネという野生的で豪快で向こう見ずな預言者だった。自分は救い主が来るまでその道を整えるのが役目と語るヨハネは、誰にでも正しい行いを求め、悪いことを悪いと言い、国王ヘロデと王妃ヘロデヤの罪も指摘した。逆恨みしたヘロデヤに憎まれ、ヨハネは逮捕されてしまった。娘のサロメを使って、ヨハネを処刑しようとするヘロデヤの計画とはいったい何か?
さて、クリスはサムに、ゲームを盗むのはいけないと言えるだろうか?

 
 

第7話「恐れるな!パウロ〜たとえ船がこなごなになっても~」

 
 
どんな状況でも、あなたは神の使命を果たすことが出来ますか?
 
クリス、ジョイ、ロビックは洪水被害のあった地域の災害救援所でボランティアをしている。蚊が多く、どこもかしこも水たまりがあり泥だらけな環境に、ジョイが耐えきれずに泣き出してしまう。そこにスーパーブックが現れパウロのもとへ。
エルサレムでの暴動の責任を問われ、ローマでの裁判を受けるために、パウロは船でローマへ向かう途中だった。天候が変わり嵐の中でパウロは「キリストが守ってくれている。船は大破するが誰も死ぬことはなく島にたどり着く」という言葉を船員やローマ兵士らに伝えるのだが・・・。
 スーパーブックで現代に戻った3人。ジョイは自ら救援活動を再開することができるだろうか?

 

第8話「ヨブと3人の友人〜どうしてこんな目に~」
 

 
どのような目にあっても、へこたれず神さまを信頼出来ますか?
 
クリスは人生で最悪の1週間に見舞われていた。お金を盗まれ、怪我をし、さらに大好きなおじいちゃんが亡くなってしまう。どうしてこんなひどいことばかり自分に起きるのか、苛立ち、ジョイに八つ当たりするクリス。スーパーブックはクリス、ジョイ、ロビックをヨブに会わせた。ヨブは想像を絶する悲劇に見舞われていた。財産と子供たちを失い、病気にかかってしまう。さらに3人の友人がやって来て、「これは神様の罰だ」とヨブを責めたてるのだが・・・。
 クリスはヨブから何を学ぶでしょうか?
 
 

第9話「ノアの箱船〜新たな世界はどこにある?~」
 

 神は悪を放っておかない。では正しい人はどうなるのでしょうか?
 
 
クリスとジョイは学校をサボって不良のスケボーグループが来るスケートボード場へ。クリスはそのグループに入りたいと、またジョイはグループのリーダーのピアースがかっこいいと思っている。ロビックは止めるが2人は理解しない。すると3人はスーパーブックで暴動が起こっている町に降り立つ。そこは人間が堕落し、荒れ果てた世界だった。人々は悪に染まり悪くなるばかり。神は人間を造ったことを後悔し、大洪水を起こして人類を滅ぼそうとする。しかし、唯一正しい人と認めたノアだけにはその計画を告げ、箱船を造るように命じるのだが・・・。
 クリスとジョイはピアースたちとの関係をどうするでしょうか?
 
 
  

第10話「臆病な勇士ギデオン〜300人でも勝てるの?~」
 

 
神様は喜んで使命に応える人を助けてくれますか?
 
ジョイの両親が車の事故にあい、ジョイに助けを求めるが、ジョイは何をしてよいのかわからなくなってパニックになってしまう。するとスーパーブックは3人をギデオンの元に連れていく。ギデオンがいるイスラエルはミデヤン人に侵略され、食料まで奪われていた。神の使いがギデオンの前に現れ、軍を率いてミデヤン軍を倒すように命じた。しかしギデオンはおとなしく、腕力もなくおののいてしまう。さらに相手のミデヤン軍は超大軍なのに、ギデオン率いるイスラエル軍は300人にされてしまう。ギデオンは、ミデヤン人を倒せるのだろうか。
現代に帰ったジョイは、両親を救助出できるでしょうか?
 
 

 

 
第11話「泣いたペテロ〜イエス様、あなたを愛します~」
 

 
友だちがどんな間違いをしても、彼を赦すことは出来ますか?
 
クリスは、一番カッケーと言われる学校の2人に「女なんかと付き合って」と言われたくなくて、「チェスクラブ」の部長になったと喜びながら報告に来たジョイのことを知らないと言ってしまう。傷つくジョイ。3人がスーパーブックで降り立ったのはイエスが逮捕された夜。そこにいた弟子のペテロは、イエスの仲間だと知られるのが怖くて「イエスを知らない」と3度も言ってしまった。十字架刑後、イエスは復活したと聞かされる。ペテロたちが漁に出かけると、岸にいる人が話しかけてきた。その人はよみがえったイエスだった。イエスは3度「愛しているか」とペテロに質問をする。ペテロは何と答えるだろうか?
果たしてクリスとジョイは、前の関係に戻れるだろうか?
 

第12話「放蕩息子〜まじめ兄さんと家出した弟~」
 

 
愛情深い父なる神は、いつでも赦してくれるのですか?
 
クリスの幼馴染アーロンが、クリスのツリーハウスに逃げてきた。アーロンはひどい失敗をしたので、父親の目から逃がれるためにかくまってほしいという。そこにスーパーブックが登場し、クリス、ジョイ、ロビックはイエスの時代に連れて行かれた。イエスは、放蕩息子のたとえ話を使って民衆や弟子に神の奥義を語っていた。弟は父が亡くなる前に財産の分け前をもらい、遊びまくって全財産を使い果してしまった。反省して父親のもとに戻る弟を、父親はどうするのだろうか?また真面目に働いて来た兄の反応は?
 アーロンは、父親のもとに帰れるだろうか?
 

 

第13話「エリヤの戦い〜偽預言者450人との対決~」
 

 
たった一人でも、あなたは神様を信じ戦うことは出来ますか?
 
ジョイにゲーム中毒と言われるが、クリスはVRゲームに夢中で、ゲームの中でクリスは「火の神」になろうとしていた。するとスーパーブックは3人を850BCのイスラエルに連れて行く。そこでは人々が、主なる神をないがしろにして、異国の神バアルを拝んでいた。真の神を信じるエリヤ対バアルの預言者たちの対決の時が来る。両者がそれぞれの祭壇に、生け贄を捧げてそれぞれの神に祈り、生け贄に火を落としてもらうというルールだ。バアルの預言者450人は必死に祈祷するがその結果は?一方、エリヤが祈るとどうなったのだろうか?
現代に戻ったクリスは、ゲームをどうするだろうか?