ディボーションガイド manna

2020年7月号


マルコの福音書

1.著者
この福音書自体は誰が著者であるかを述べていない。しかし、2世紀以来、教父たちの伝承はマルコが著者であるという点で一致しており、今日でもそのことが一般に認められている。
このマルコはヨハネと呼ばれ、彼の母はマリアという人で、エルサレムでも富裕な家に住み、初代教会の集会にも用いられていた(使徒12:12)。このような事情から、彼は早くから福音に接して信仰をもち、使徒たち、特にペテロとは親しい関係にあったと思われる(Ⅰペテロ5:13)。

(本文より)

 

 

レビ、マルコ、民数

1~3日、 6~10日、13〜17日
20〜24日、27〜31日

地上を歩まれた神の子、聖書

4〜5日、11〜12日
18~19日、 25〜26日

通読表はこちら

●聖書日課執筆者(7月号〜10月号)

田村 将(日本同盟基督教団 朝霞聖書教会牧師・聖書神学舎教師)
横田 真理恵(日本福音自由教会協議会 東大宮福音自由教会副牧師)
川井 髙雄(日本バプテスト連盟 松本蟻ヶ崎キリスト教会牧師)
白井 仁(日本長老教会 満濃キリスト教会牧師)
横田 俊樹(日本長老教会 所沢聖書教会牧師)
大竹 護(日本長老教会 四日市キリスト教会牧師)
黒木 昭江(同盟福音基督教会 名古屋キリスト教会牧師)
蔦田 直毅(イムマヌエル綜合伝道団 浜松キリスト教会牧師)
中台 孝雄(日本長老教会 希望キリスト教会牧師)