ディボーションガイド manna

メールマガジン「メルマナ」

いのちのことば社が発行するディボーションガイド『manna(マナ)』のメールマガジン版です。

本を持ち歩かずに通勤や通学中にディボーションをされたい方、
忙しい中でもみことばに触れる時間をもちたい方へ、
テキスト形式で毎日配信。

『メルマナ』を通して、日々みことばを存分に味わい、
神様と共に歩むクリスチャンライフをお手伝いします。

エペソ人への手紙
ピリピ人への手紙

1. パウロの獄中書簡
エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙、コロサイ人への手紙、ピレモンへの手紙は、しばしば「獄中書簡」と呼ばれる。それは、パウロが獄中生活を送っている時に書かれたものだからである(エペソ3:1、ピリピ1:7、コロサイ4:10、ピレモン9 節)。それがどこの牢獄であったかについては、ローマが最も有力である。ピリピ1:13 に親衛隊についての言及があるが、これはローマ皇帝を警備する部隊であり、ローマにいたと考えられる。さらにピリピ4:22 の「カエサルの家に属する人たち」という句も、ローマであると考えるのに有利である。パウロは裁判において死をも覚悟しているが(ピリピ1:20)、これは皇帝の前でのものと見るのが自然である。

 

聖書通読

エペソ、ヨシュア、ピリピ
1 ~ 4日、 7 ~ 11日、14 〜 18日
21 〜 25日、28 〜 31日

聖書の学び&メッセージ

救い主の降誕
5 〜 6 日、12 ~ 13日、
19 〜 20日、26 〜 27日

通読表はこちら

●聖書日課執筆者(11月号〜2月号)

蔦田 直毅(イムマヌエル綜合伝道団 浜松キリスト教会牧師)
黒木 昭江(同盟福音基督教会 名古屋キリスト教会牧師)
勝原 忠明(西日本福音ルーテル教会 倉吉福音ルーテル教会協力牧師)
川嶋 直行(イムマヌエル綜合伝道団 深川キリスト教会牧師)
唐澤 健太(カンバーランド長老教会 国立のぞみ教会牧師)
高橋 秀典(日本福音自由教会協議会 立川福音自由教会牧師)
中台 孝雄(日本長老教会 希望キリスト教会牧師)

 

 

詩篇(2)

3.分類
詩篇は5巻にまとめられ、各巻は頌栄をもって区切りがつけられている。おそらく、モーセ五書に倣って編集されたものだろう。
この5巻は、年代順や著者別、あるいは内容ごとにまとめられているわけではない。詩篇全体に対して、1篇が序論的役割を果たし、150篇が結論的役割を果たしていることは事実であるが、ほかは、どのような原則に基づいて今日のように並べられたのか、確かなことは不明である。(本文より)

 

 

 

聖書通読

詩篇
2~6日、 9~13日、16〜20日
23〜27日、30日

聖書の学び&メッセージ

族長たちの時代、救い主の降誕
1日、7〜8日、14~15日、
21〜22日、28〜29日

通読表はこちら

●聖書日課執筆者(11月号〜2月号)

蔦田 直毅(イムマヌエル綜合伝道団 浜松キリスト教会牧師)
黒木 昭江(同盟福音基督教会 名古屋キリスト教会牧師)
勝原 忠明(西日本福音ルーテル教会 倉吉福音ルーテル教会協力牧師)
川嶋 直行(イムマヌエル綜合伝道団 深川キリスト教会牧師)
唐澤 健太(カンバーランド長老教会 国立のぞみ教会牧師)
高橋 秀典(日本福音自由教会協議会 立川福音自由教会牧師)
中台 孝雄(日本長老教会 希望キリスト教会牧師)

 

 

ガラテヤ人への手紙

1.著者
この手紙の著者はパウロであると語っており(1:1、5:2)、またその内容はパウロの信仰義認の教理の特色を非常によく示しているので、パウロの著作であることは明らかである。

2.執筆年代
49年頃、あるいは55-56年頃。

3.宛て先と執筆場所
この手紙が書かれた当時、「ガラテヤ」ということばは地理的な意味と、政治的な意味の二とおりに使われていた。(本文より)

 

聖書通読

申命、ガラテヤ、詩篇
1~2日、 5~9日、12〜16日
19〜23日、26〜30日

聖書の学び&メッセージ

族長たちの時代
3〜4日、10〜11日、17~18日、
24〜25日、31日

通読表はこちら

●聖書日課執筆者(10月号〜12月号)

大竹 護(日本長老教会 四日市キリスト教会牧師)
黒木 昭江(同盟福音基督教会 名古屋キリスト教会牧師)
蔦田 直毅(イムマヌエル綜合伝道団 浜松キリスト教会牧師)
勝原 忠明(西日本福音ルーテル教会 倉吉福音ルーテル教会協力牧師)
川嶋 直行(イムマヌエル綜合伝道団 深川キリスト教会牧師)
唐澤 健太(カンバーランド長老教会 国立のぞみ教会牧師)
中台 孝雄(日本長老教会 希望キリスト教会牧師)

 

 

新刊紹介・お知らせ


2020年12月号

エペソ人への手紙 ピリピ人への手紙 1. パウロの獄中書簡 エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙、コロ…

2020年11月号

詩篇(2) 3.分類 詩篇は5巻にまとめられ、各巻は頌栄をもって区切りがつけられている。おそらく、モ…

2020年10月号

ガラテヤ人への手紙 1.著者 この手紙の著者はパウロであると語っており(1:1、5:2)、またその内…

定期購読

買い忘れのない定期購読はいかがですか?
1冊 6か月4,056円、12か月8,112円(いずれも送料、税込)で予約購読(前払)できます。

バックナンバー

  • 2020年10月号
  • 2020年9月号
  • 2020年8月号
  • 2020年7月号
  • 2020年6月号